ポイ活・お得

映画を安く見る方法!いつでも誰でも1,000円引き!ムビチケの購入方法と使い方!

映画を定価で観る時代は終わりました。

映画は好きなので、約2,000円も決して高過ぎるとは思いませんが、安く観れるならお得にチケットを購入したほうが良いでしょう。

そこでこの記事では映画を安く観る方法についてまとめました。

結論から言うと、一番安く観る方法は「イオンカード(ミニオンズ・デザイン)」です。

破格の1,000円(税込)でいつでも好きな公開作品を観ることができます。

近くにイオンシネマがない方はムビチケがおすすめです。

ただしムビチケはネットで買える単なる前売り券になります。

公開してからだと全く安くならないので、よほどの映画好きでなければ、うまく活用できないかもしれません。

「イオンカード(ミニオンズ・デザイン)」はイオンウォレット即時発行により発行される「バーチャルカード」にて最短5分でご利用いただけるので、いつでも大丈夫です。

映画がいつでも1,000円(税込)

ムビチケよりも安い1,000円で映画を見る方法

最強の映画鑑賞方法があります。

冒頭でお伝えした通り、それは、イオンカード(ミニオンズ・デザイン)です。

このクレカなら、年間30枚まで映画がいつでも1,000円で鑑賞できます。

しかし、唯一の懸念点はイオンシネマでしか鑑賞できないことです。

イオンシネマは、日本一の劇場数を誇る映画館ですが、近くにない方もいらっしゃるでしょう。

そのような方には、全く出番のないクレカとなってしまいます。

とはいえ、イオンシネマを利用される方には、ほぼ必須のクレカです。

年会費無料で1,000円の映画鑑賞は最強すぎます。

ムビチケと異なり、いつでも割安価格で買えるのも大きいですね。

映画がいつでも1,000円(税込)

ムビチケは通常料金よりも400円安く観れる

ムビチケは映画館を選ばないのでおすすめです。

ムビチケとは、オンラインで購入できる映画前売りチケットのことです。

映画の前売りチケットはコンビニで買えるイメージが強いですが、そんな面倒なことはもう必要ありません。

コンビニで「映画の前売りチケット」を購入すること自体、前時代的かっこ悪いのです。

また何かの映画を見たついでに映画館で前売りチケットを買うにしても、そんな先の予定までわかりません。

そんな時、非常に便利なのがムビチケです。

メリットは以下のとおりです。

  1. 大半の作品が通常料金よりも300〜400円安く見れる(例:一般1800円→1400〜1,500円)
  2. ネットで購入できる(公開日前日まで)
  3. 購入した前売り券は上映期間ならいつでも使える
  4. 座席指定まで行えるので、当日はスムーズに入場できる

一方デメリットは、公開日前日までしか購入できないことです。

公開日を過ぎると、ムビチケ当日券となりむしろ割高になるケースが多いので、全くといっていいほど意味がありません。

ムビチケの購入方法

ムビチケの購入方法は2通りです。

  1. ムビチケ公式ホームページ
  2. Amazonで購入

購入方法について解説します。

ムビチケ公式ホームページ

ムビチケの公式ホームページで購入できます。

ムビチケ対応劇場も忘れずに要チェックしてください。

支払い方法は主にクレジットカード払いです。

またクレジットをお持ちでない方におすすめのカードがあります。

それは「シネマイレージカードセゾン」です。

シネマイレージカードセゾンなら、ムビチケで鑑賞してもTOHOシネマズのスタンプが貯まりますし、マイルも貯まります。

映画好きでお持ちでない方は、是非この機会にお作りしましょう。

Amazonで購入

Amazonでも購入できます

購入すると、E-mailにて「購入番号」と「暗証番号」が届きます。

なお、ご購入チケット情報メールが届くまで、30分~50分程度かかる場合があるので注意が必要です。

また支払い方法もクレジットカードのみとなっています。

AmazonポイントやAmazonギフト券は使えますのでご安心ください。

ムビチケのオンラインショッピングはAmazon.co.jpで

ムビチケの使い方は事前にインターネットで座席予約する

いずれかの方法でムビチケを購入したら次は使い方についてご紹介します。

事前にインターネットで座席予約をしてください。

インターネットで購入したのだから座席指定までインターネットで完結すべきです。

というのも、劇場によって鑑賞日当日の座席指定ができるところとできないところがあります。

ですから確実に映画を楽しむためにも座席指定までインターネットで行いましょう。

ムビチケのWEBサイトもしくは、ご鑑賞劇場サイトのWEBページにて座席指定が行えます。

あとは座席指定時に発行される「予約番号」を控えて、当日自動券売機にて入力し、発券するだけです。

ムビチケのQ&A

ムビチケに関して個人的に疑問点がありましたので調べ上げました。

劇場のポイントは付くのか

劇場にもよりますが、大抵の場合、ムビチケでもポイントはつきます。

例えば、109シネマズでは座席指定時でも当日発券時でもポイントをつけることが可能です。

2D券で3D上映は鑑賞できるのか

劇場によっては追加料金を払うことで鑑賞できます。

詳しくは鑑賞劇場にお問い合わせください。

また、IMAX鑑賞はムビチケ対象外の劇場が多かったです。

しかし現在は多くの劇場で、IMAXも差額を払うことで鑑賞できるようになりました。

ユナイテッド・シネマはチケット売場でのみ差額を支払ってIMAXを鑑賞することができます。

普段オンラインで座席予約をされている方はご注意ください。

ムビチケとムビチケ「カード」の違い

似たようなものにムビチケカードというものがあります。

こちらはオンライン券ではなく劇場で販売している前売り券です。

カードの裏をスクラッチし、その番号を使いインターネット上で座席予約ができます。

ムビチケとムビチケカード

似て非なるものなので、お気をつけください。

割引と併用はできますか?

ムビチケはそもそも価格が決まっている安い前売り券です。

先に購入するものなので、後から映画館の割引を使うことはできません。

ただし前述したとおり、劇場のポイントはムビチケでもつくことがほとんどです。

劇場のポイントのことを「割引」と表現するのであれば、ムビチケと併用することができます。

あくまでもムビチケは前売り券です。

映画好きにおすすめのクレジットカード(イオンシネマ以外)

イオンシネマに行けない方は、以下のクレカがおすすめです。

  • TOHOシネマズ「シネマイレージカード」
  • 「イオンカードセレクト」(通常タイプ)
  • 「エポスカード」

それぞれのクレカについて説明します。

TOHOシネマズ公式「シネマイレージカード」

TOHOシネマズの「シネマイレージカードセゾン」は映画好きなら持って損はしないクレジットカードです。

すでにクレジットカードをお持ちの方も、ぜひこのカードの魅力について知っておきましょう。

TOHOシネマズ公式「シネマイレージカード」の特徴

TOHOシネマズ公式「シネマイレージカード」の魅力は全部で4つあります。

  • 6本観たら1本無料
  • マイルが貯まる
  • 鑑賞の記録を残せる

それぞれの魅力を確認していきましょう。

6本観たら1本無料

シネマイレージカードを利用して映画を鑑賞すると、6本につき1本が無料になります。

一見すると「6回観たら1回無料」は大したことのないように思えるでしょう。

しかし、クレジットカードのポイント還元率としてみたら大変お得であることがわかります。

例えば1回の鑑賞料金を1,800円だとすると、6回で10,800円です。

10,800円分鑑賞すると、1,800円分のポイントがつき次回以降、TOHOシネマズの映画に利用することができます。

つまり、これをポイント還元率に表すと約16.7%です。

たしかに映画限定ではありますが、これほどにまでポイント還元率の高いクレジットカードを私は見たことがありません。

だからこそ、映画好きなら1枚は持っておくべきクレジットカードなのです。

マイルが貯まる

シネマイレージカードを利用すると、マイルを貯めることができます。

ただし、航空会社にある飛行機に乗るともらえるマイルとは異なるので注意しましょう。

このTOHOシネマズ限定のマイルの正式名称は「シネマイレージ」といい、本編上映時間1分につき1マイルもらえます。

マイルで交換できる特典は以下のようなものが代表的です。

景品  必要マイル 
ポップコーン 1,000マイル
ドリンクSサイズ 1,000マイル
1ヶ月フリーパスポート 6,000マイル

中でも魅力的なのが、 1ヶ月フリーパスポートでしょう。

映画1本120マイルだとすると、50本で到達できます。

50本なら週に1回通えば1年で到達するので、決して無理な数字ではありません。

映画マニアの方はぜひ、この1ヶ月フリーパスポートの獲得にチャレンジしたいところです。

鑑賞の記録を残せる

シネマイレージカードは鑑賞の記録を残すことができます。

映画好きだからこそ、鑑賞の記録を見てこっそりニヤリとするものです。

なお鑑賞の記録はチケットの発券時に自動で残してくれます。

そして記録はインターネットでも、劇場でもどこでも確認可能です。

映画好きはぜひ、シネマイレージカードを作って鑑賞の記録を残しましょう。

セゾンならではの特典付き

もちろん「シネマイレージカードセゾン」ですから、セゾンカードならではの特典もついています。

  • 永久不滅ポイントが貯まる
  • 人気チケット先行予約、優待割引などをご用意
  • 永久不滅ポイントをdocomoやauのポイントに移行可能
映画だけでなく、普段の生活からお得になるというメリットが「シネマイレージカードセゾン」にはあるのです。

クレジット機能付きにするメリット

実のところ「シネマイレージカード」はクレジット機能付きとクレジット機能なしのものがあります。

それでも、「シネマイレージカード」はやはりクレジット機能付きの方がメリットは多いです。

具体的には以下のようなメリットがあります。

  • 年会費がお得
  • 郵送してもらえる

それぞれのメリットを確認していきましょう。

年会費がお得
  クレジット機能付き  クレジット機能なし 
初年度  無料 500円
2年目以降  300円(年1回使えば無料)  300円
有効期限  6年間 1年間

クレジット機能付きのシネマイレージカードはほぼ年会費がかからないと思っても問題ないでしょう。

なぜなら、映画好きなら年に1回はカードを使うはずだからです。

使わなくても、クレジット機能なしのシネマイレージカードの更新料と変わりません。

またクレジット機能なしの方だと、年会費はもちろんのこと、更新の手間も増えます。

シネマイレージカードは手間の面でも、費用の面でもクレジット機能付きがおすすめです。

郵送してもらえる

クレジット機能付きのシネマイレージカードのみ自宅まで郵送してもらえます。

クレジット機能なしのカードでは受け取りにわざわざ劇場まで足を運ばなければいけません。

劇場まで足を運ぶのはいいにしても、今更シネマイレージカードを作る人は少ないです。

ですから、カード作成の特設ブースがない場合もあります。

私の近くの劇場はそうでした。

そんなとき、困るのが忙しそうにしている店員さんに話しかけることです。

幸いにもTOHOシネマズで嫌な顔をされることはありませんでしたが、近隣の映画館ではありました。

そういう意味でもカードはやはり郵送してもらうに限ります。

クレジット機能付きのシネマイレージカードなら自宅まで郵送してもらえるので嫌な思いをすることがありません。

マスターカードorアメックス

「シネマイレージカードセゾン」では2種類の国際ブランドから選ぶことができます。

マスターカードとアメックスことアメリカン・エキスプレス・カードです。

両者は以下のような違いがあります。

  マスターカード  アメックス
年会費(税抜) 初年度無料 3,000円
2年目以降300円
付帯保険  国内・海外旅行保険が自動付帯 

マスターカードは年会費が安いぶん、保険がつきません。

アメックスは年会費がかかってしまうぶん、旅行の保険がつきます。

ですから、年に1回でも旅行される方ならアメックスでもいいでしょう。

まったく行かない方にはマスターカードがおすすめです。

どちらを選ぶにせよ、映画の特典に関してはまったく同じなので好きな方を選びましょう。

イオンカードセレクト

ミニオンズ・デザインがどうしても嫌な方はイオンカードセレクトも一応お得です。

しかし、映画は1,000円になりません。

またできることはほとんど同じです。

なので基本的には、映画鑑賞においてはミニオンズ・デザインを推奨します。

クレジットカード払いでいつでも映画料金が300円引き

映画館に6回通えば、1本無料で見られるようなものですから非常に大きいです。

さらにいつでも利用可能ですから、インターネットで座席予約した際も割引が適用されます。

また本人と同伴者1名まで割引されるとのことですからありがたい限りです。

なお一部サイトでは500円引きと書かれているところもありますが、現在は一律300円引きですのでご注意ください。

毎月20日・30日お客様感謝デー!

お客様感謝デーに映画を鑑賞すると、料金が1,100円と通常の700円引きになります。

しかもこの割引に関してはカードの提示だけでオッケーです。

ただし、インターネットの座席予約では物理的にカード提示ができないので、イオンカードで決済する必要があります。

本人のみ有効です。同伴者がいる場合は上記の300円割引を利用するようにしましょう。

100万円決済でゴールドカードに

100万円決済で年会費無料で持てるゴールドカードの招待が届きます。

ミニオンズ・デザインだとその招待が届きません。

イオンのゴールドカードが欲しい方は通常のイオンカードセレクトがおすすめです。

なお「セレクト」とはイオン銀行の機能がついているかどうかです。

イオン銀行からのオートチャージが一番ポイントがつくのですが、あまり興味がなければWAON一体型のほうで問題ありません。

ミニオンズも「セレクト」かどうか選べます。

映画がいつでも1,000円(税込)

エポスカード

エンタメに強いと定評のある「エポスカード」

もちろん映画鑑賞にももってこいです。

年会費無料です。

エポトクプラザを利用しよう

エポスカード会員限定でエポトクプラザというサイトが利用できます。

このサイトではお得な情報が盛りだくさんです。

映画に関しては以下の5つの劇場でお得に観賞ができます。 

映画館 割引内容
ユナイテッド・シネマ/シネプレックス   エポトクプラザから購入で1,300円
イオンシネマ  エポトクプラザから購入で1,400円 

ユナイテッドは購入後ローソンでチケットを発券する必要があります。

つまりオンラインで席を取ることができません。

イオンシネマはコードタイプの鑑賞券です。

こちらは、オンラインで座席を予約することができます。

いずれにしてもイオンシネマなら、イオンカード(ミニオンズ・デザイン)がベストです。

したがって、映画特典目的でエポスを選ぶことはほとんどないでしょう。

「デイリーPlus」は現在おすすめできない

「デイリーPlus」はYahoo!JAPANが提供する会員制割引優待サービスです。

以前と異なり、現在はあまりおすすめできません。

なぜなら、対象の映画館や作品がかなり減ってしまったからです。

ムビチケもありますが、70円しか安くなりません。

したがって、普通にクレジットカードの特典で安く見ることをおすすめします。

「デイリーPlus」で映画を安く見る方法

あまりおすすめしていませんが、一応ご紹介しておきます。

「デイリーPlus」を使って映画を安く見る方法は大きく分けて2種類あります。

「劇場鑑賞券」か「ムビチケ」含む映画作品券です。

劇場鑑賞券

こちらの劇場鑑賞券を申し込めば、上映中の好きな映画が見られます。

もちろん「劇場鑑賞券」ですから申し込んだ、劇場でしか使えません。

TOHOシネマズだったり、イオンシネマだったり、109シネマズだったりと。

自分のよく行く映画館は使えるのかしらなんて思う人もいると思いますが、安心してください。

さすがに数が多すぎてここには書けないのですが、基本的にある程度大きな映画館なら使えることができます。

映画作品券

一方で映画作品券というのがあります。

こちらは作品ごとに割引され、どの映画館でも使うことができますが、当然作品は選んだものしか見れません。

また基本的に映画作品券はムビチケカードであることが多いです。

しかもムビチケで直接買うよりも若干安いです。

さらに郵送でムビチケカードが送られてくるので、鑑賞の記念にもなるでしょう。

余談までにこのカードタイプのムビチケは通常、劇場でしか販売されていないものになります。

当然、ムビチケ対応劇場でないと利用できませんのでご注意ください。

「デイリーPlus」のメリットとデメリット

どちらのチケットを利用するにせよ、それぞれメリットやデメリットがあります。

劇場鑑賞券はすぐに利用できる

デメリットは劇場鑑賞券がネットで座席の予約をできないことです。

劇場鑑賞券はファミリーマートにあるFamiポートで発行することができます。

他には自宅に郵送する方法もありますが、土日を除いて5日程度で発送が完了するのでちょっと遅いです。

映画作品券は座席予約ができる

映画作品券ならネットで座席予約することもできます。

映画作品券がムビチケでない場合は、座席予約をすることができません。

人気目玉作品ならムビチケを用意している傾向があります。

しかし映画作品券は土日除いて5日程度で発送が行われます。

「デイリーPlus」のお得な使い方

いきなり「映画を観に行こう」となった場合はファミリーマートのFamiポートを使ってチケットを発行しましょう。

そして、あらかじめ観たい映画がある場合は「映画作品券及びムビチケ」を自宅に郵送してもらいましょう。

映画作品券の場合は、チケット到着まで1週間の猶予が必要です。

予定に間に合いそうもない場合はFamiポートで発行しましょう。

以上が、「デイリーPlus」を使って映画を安く見る方法です。

その他映画館で映画を安く見る方法

ムビチケとデイリーPlusとクレカ以外では以下のような方法があります。

  • 劇場のポイントカード
  • 金券ショップ
  • 株主優待券
  • サービスデーに観る

それぞれの方法を確認していきましょう。

劇場のポイントカード

あらゆる映画館にはポイントカードが存在します。

たいていの映画館が5回か6回、映画を見たら1回無料という内容であることが多いでしょう。

例えば6回見たら1回無料という場合でも大人料金は1,800円ですから1回の鑑賞に換算すると300円引きです。

自分のよく行く劇場のポイントカードなら持っていて損はないでしょう。

金券ショップ

あまりスマートな方法ではないのですが、金券ショップに鑑賞券が売っていることがあります。

大きな駅であれば大抵金券ショップも存在するでしょう。

もっとも、目当ての作品がない場合もありますし、前売り券と大して価格も変わらないので、これまで紹介した方法よりかは劣ります。

金券ショップに向かうくらいなら直接映画館に向かう方がいいでしょう。

株主優待券

あまり現実的な割引方法ではありません。

企業にもよりますが、株主優待を受けるには数十万以上の株が必要になります。

さらに権利確定日から実際に割引を受けられるまで半年弱も必要です。

しかも株というマネーゲームですから、割引分まで負けることだって考えられるでしょう。

よって割引目当てに株を購入するのはあまり利口な方法とは言えません。

サービスデーに観る

映画界には必ずサービスデーというのが存在します。

一番有名なのがファーストデーです。

ほとんどの映画館は毎月1日に1,100円で映画が観られます。

他にも映画館によってサービスデーは様々です。

いずれにせよ、映画館に行く前はサービスデーかどうか確認するといいでしょう。

意外にも映画が安く見られる日かもしれませんよ。

以上が、映画館における映画を安く見る主な方法です。

自分にあった割引スタイルを是非発見してください。